うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

インド人をネタにする人たち

最近は嫌ネット感情が強まってほとんどツイッターをやっていなかったのですが、久しぶりに見てたらTLにこんなのが流れていました

 

 

ああ相変わらずだな、ツイッター

(ぶちゃくなるのCMは私もないなと思ってた。全然ぶちゃくないやろ、それ変顔じゃないやろなめとんのか、高畑充希だからいいけど)

 

その関連ツイートにこういうのがありました

 

 

軽快な音楽っていうのは恐らくボリウッドみたいなインド映画の劇中曲のことでしょうね。

インド映画のダンスシーンが面白いとか、もっとあけすけに言えばインド人とかヒンディー語がただそれだけで笑えるっていう気持は、同じ日本人の感覚としてはわかるんですけど。

こうしてネタ扱いするのってはっきり言えば、無意識に、根源的にバカにしてるっていうことですよね。

 

それは違う、言い過ぎだと思われるでしょうか。勿論直接的にコケにしているわけではないですね。「女の子を助けるヒーロー」として登場するわけだし。

でもそういうことじゃないだろ、と思う。

 

  

年末にはこんなツイートも見かけました。

「自分たちがどれだけ根源的にコケにされているか全く自覚できずに英語や英語的な空気を浴びせられることに対して憧れのような感情を抱くタイプの日本人」

いやー、これ私やん!

 

で、「根源的にコケにされる」っていうのはどういうことなのか?カナダに留学した友人(過去記事参照【別にする必要ない】)に「そういうことってある?」って聞いてみたら

 

「あー、あるある。たとえばグループワークの授業で、白人は黒人に対してはライバル意識みたいなのを持ってるんだけど、私には先生みたいな態度で話すの」

 

ですって。

さらに、

 

「大学に行くようなある程度高い文化水準の人たちだから、当然人種差別はしない、いけないことだと認識している」

 

それでもなお、そうして根源的にコケにしていることは態度に出てしまうらしい。

 

インド人をネタにする精神構造ってのはそれと似たようなものなんじゃないかなぁと思う。21世紀の、平成時代(しかも間もなく終わる)でもなお、自分たちは他のアジア人より優越であるという、朝鮮や中国や多くのアジアの国を侵略した頃の認識を心の奥底で保ち続けていると。そういうことでしょう。

 

それを、フェミニズムに厳しい人がやっているとなんだかなぁと思ってしまう。

 

細けーよ!とかこじつけだろ、とか言われるかもしれないな。

 

実際、私自身細かいと思わないこともない。インド映画、笑えるし。

じゃあ一体何をすれば笑いを取れるのか。最近のメディアやお笑いに対するネットの厳しい目…ゲイネタはダメ、女性に配慮もないものもダメ

何かをバカにしてネタにすることが許されないなら、何をすれば笑えるのか?

わかんないっす。

多かれ少なかれ、面白いものってほとんど何かをネタにして(犠牲にして)いるんじゃないか?そうでないものは何か?

 

………

 

話が大きくなりそうなので、あまりよく書けたとは思えずモヤモヤするけれどもここらで筆を置くことにします。

 

余談ですが、久しぶりにツイッターを開いたらやけに通知が来ていて、一体なんだろうと訝しんだら、フォローしている人の多くがいいねしたツイートが自分の通知にくるっていうクソ新機能が追加されたみたいですね。

ああ、ツイッターはどこへいこうとしているのか。