うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

ある曲を聴くたびに思うこと

大森靖子のイミテーションガールを聴くたびに思うこと

 

youtu.be

 

「手首のケープを返して 隠してるんだからいいでしょ

ハゲ隠しよりマシだし 嫌いにならないで」

 

のところでいつも「うわー」と思う。

ハゲ隠しよりマシだし、という部分で、自分が若くて女の子として価値があることを当然のことと思っていて、かつそれに胡坐をかいている感じが透けている。

 

いや勿論この歌の主人公の女の子が、であって大森靖子がそうだとは思っていません。

彼女自身はそれに自覚的でメタ的に捉えているんだろうし。

 

あと、「嫌いにならないで」で声が変わるの、とてもカラオケ感があるよね。

10代の頃からカラオケ得意だったんだろうなーってリアルに想像できる。

 

それだけ。

 

大森靖子さんは好きです