うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

確かに朝日の偏向報道っぷりはひどかった。でも…

こんにちは。

このようなタイトルでブログを書くということは、いわゆるネットのそういう界隈に片足を突っ込むことであるので、多少緊張しています。いや、そうでもないけど。

 

家では日曜の朝にだいたいサンデーモーニングが流れています。

前回の放送でテロ等準備罪(通称共謀罪)法案のことが取り上げられていましたね。

(テロ等準備罪法案の内容や起きていることの概要については面倒なので省きます)

私はあれを観てショッキングやーと思ったし、政府マジ許せんと思いました。率直に。

 

極め付けはスノーデンのくだりです。

米国のCIAが一般市民を含む全米の人間のデータを受信し、覗き見て、個人情報を暴いているという有名なやつです。

勿論そのことは知っていましたし、そのシステムが日本にも提供されていて、米軍基地から日本人のSNSやメールのデータが吸い上げられているという話も私は初耳ではなかったように思います。

 

しかし、それに対する政府の会見…

「そのような情報が出ていることは知っているが、文書の出所は不明で、政府としてはコメントを控えたい。」

 

まあそうだな、お前らはいつもそうだ。いつもするりと上手いこと逃げて、絶対に真正面から質問に答えようとはしない。

国会中継なんかも、たまに見るとその答弁は笑っちゃうくらいだらだらと長ったらしくて回りくどくて意味がわかりづらくて、煙に巻いて反論をしにくくしている。

政治家ってそういうものなんでしょうね。いったん言質を取られたらおしまいだから、なるべく抽象的に曖昧に、はっきりした言葉選びを避けて慎重にものを言う。

 

彼らにも色々事情があるんだろうけど、私は結構ムカつきました。

結局やってるの?やってないの?どっちなんだよ

サンデーモーニングのコメンテーターも、それが(そのデータ暴きシステムが日本にも提供されている)事実なら、政府が違法行為をしているという大変なことなんだから、本来ならもっと厳しく徹底的に追及されるべきと言っておらして

わしもほんそれほんそれ思いましたわ。

 

テロ等準備罪法案だって、組織的に犯罪を計画した時点で、複数人の間でそれが合意された時点で処罰されるというとんでもない法案らしくて。

つまり極端に言えば「明日あたり強盗するぜ」っていうメールのやり取りをしただけで逮捕、ということに繋がりかねないんだとか。

それはやっぱりちょっと極端というか、現時点でそこまで至るかというと怪しいとは思うけどね。

意訳すると心の中で思うことさえ犯罪の対象になるわけです。

こらあかんわ…

 

……

 

しかし、ツイッターを見てみると

朝日の偏向報道をバッシングしまくるツイートが多数見受けられました。

「反対意見も取り上げるべき」「一貫して共謀罪という恣意的なワードを使い続け、明らかに政府が悪いと視聴者に印象づけるような偏った報道をしている」

うん、なるほどその通りだ。

 

私は一旦そこでちょっと冷静になりました。

憤りは鞘に収めました。

 

私はサンデーモーニングのコメンテーターたちの意見には賛同こそすれど、偏屈なじじい同士で結束し全員がまったく同じ論調で文句を言い合うという構図(言い方悪くてすみません)は確かにちょっと良くないなと思いました。

これ、その日テロ等準備罪ってそもそも原文はどういった感じなの?と思って調べていく中で見つけた記事なのですが

テロ準備罪法案に見る〜マスコミの偏向報道

 

朝日は新聞テレビともにあちゃーって感じですね、やっちまってるなーって。

私は(ネットで育った)世代的なこともあって新聞をもともと信用していないんですけど、家が読売を取っているのはなかなか賢い選択かもって見直しました。

 

今朝もワイドスクランブルをたまたま観ていて、仙台にいじめが多いということが取り上げられていたときのスタジオの様子がなかなか胸糞悪かったです。

たしかにワイドショーであってニュースではないので、ニュースよりは縛りは緩いというか、スタジオの人間が意見を言うことは許される状況かもしれない。

 

でも、みんな同じ方向性のことしか言わない。誰かが感情的に「三人も自殺者が出てるというのに仙台市教育委員会は一体何をやっているんだ!!学校は何をやっているんだ!!」と怒りを露わにし皆がそれにうんうん頷いている。

なんていうか、全然生産的じゃない空間。

感情的過ぎるのがたぶん一番良くなくて、それはもはや意見ですならくて感想だし、一方的に仙台市教委や学校を槍玉に挙げて叩いているだけで建設的じゃない。

 

これは私見なので余談ですけど、そもそも教育委員会がいじめに介入して解決することなんて不可能だと思う。だって現場にいないんだから。彼らにはどうしようもできないよ。

でも現場にいる教師や校長が解決できるかと言ったらそれもたぶん難しい。

子供には子供独自の世界観とルールがあって、教室の魔力に囚われていて抜け出せないから、大人がどうこうできることでもない。つまり義務教育を解体するしかない。

 

それはさておいて話を戻すと、なにこの番組やば~と思ってチャンネルを確認すると案の定テレ朝だったわけです。

とはいえど私は普段民放のワイドショーは観ないので、他の局はまともかどうかとかは知りません。

ただ、朝日は結構やばいなという結論に至りました。

 

でも…

偏向報道偏向報道だけど、ツイッター民もツイッター民だ。

さきほど書いた朝日の偏向報道をバッシングしている人々はもっとやばかった。

朝日の偏向を非難しているくせに、自分たちは自分たちで結束して罵倒しかしない、というか、朝日のいうことなすことなんでもかんでもボコボコにしている。

ディスることに必死になりすぎてもはや何を言っているかわからないよってかそれは反論にすらなっていないよ

 

テロ等準備罪法案のような法律ができてしまえば、もの言う市民が委縮してしまう。国の方針に反対するという発想すらなくなってしまい、民主主義は成り立たなくなる」

という森達也っちの話には

「そもそも問題が無ければ異を唱える必要ありません」

??

それ以前のこと、問題があるかどうかの判断ができなくなるってことを森さんは言っているんだけど…

 

さきほどの「日本に監視システムが提供されていたかもしれないのにそれが厳しく追及されないのはやばい」には

「憶測でしかないのに問題にすべきだと主張。陰謀論を国会でやる必要は無い」

 

可能性があるという時点でそれを明らかにするという姿勢が無いと、もっと深刻な問題も色々看過されるようになってしまう。それを一国の政府に許してはならない

ということでしょ?しかも何故陰謀論などと決めつけられるんだ…

 

「どんな人も妄想を抱かないことはない、行動に移さなければ犯罪にはならない。人は何を考えても自由」

には

「あなたたちはそういう妄想するかもしれないけど、普通の人は犯罪やテロをする妄想なんてしませんよ」

 

たしかに誰もが自分は大丈夫だと思っているかもしれない。

だけど人はいつなんどき、どう変わってしまうかわからないし、自分がこの先絶対に犯罪をしないとは言い切れないのに。

もっと言えば、万が一自分は正気を保てたとして、自分の意思とは無関係に犯罪に巻き込まれることだってあるかもしれない。

そんなときに政府や警察や、権力側にいいように誘導されて冤罪を認めさせられる。そうなってはならない

現時点でさえ、そうして正義を行うはずの側に濡れ衣を着せられ人生を台無しにされた人がどれほどいるだろうか。

 

この法律が公布されるということは、権力を持つ人々や機関にもっと有利に運べる条件を許してしまうということなのではないでしょうか。

 

 

実際公布されてから何年か、十何年かは大丈夫かもしれない。それこそツイッター民の言う憶測や過激な陰謀論に過ぎないかもしれない(ツイッター民という名称で括ってごめんなさい)

でもいつ悪用されるようになるかはわからないし、そうなったらもう手遅れだ。

 

まあなんていうかなー、それよりなにより、自分は善良な市民であるとたかをくくっていられるのが、私個人的には信じられない。

じゃあ一体どこからが悪人でどこまでが善人なの?犯罪をすりゃ悪人で、しない意志を持っていれば善人でいられるの?

 

悪いことしてない一般人なんだから監視されたって平気ーって言ってる人が少なからずいてびっくりしたよ。

プライバシーという概念が無いんだろうか。

 

長々と失礼しました。私が言いたいことは以上です。

 

最後に

この前「今夜比べてみました」っていう番組でさっしーが言ってたこと

「自分が芸能人だからとかは関係なく、外に出れば誰もが隠し撮りされる危険に晒されているから、私は撮られてても強気で、『お前が見てるってわかってるぞ』という態度でトイレとかでもカッコつけます」

が面白かったので

私もそんな気持ちでこの記事を書きました。

 

ここまで読んで下さった方、もしいらっしゃれば、ありがとうございます。