読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

汚い話

ネットに公開するのは若干憚られる題材かもしれませんが、トイレの話です。

トイレの流水音機能の話です。

 

気づいたんですが、流水音流しても聞こえちゃうじゃん、放尿音。

 

もしかして、今まで私が思っていた流水音の機能と本来の機能はそもそも違う?

放尿音を消すための流水音だと思ってたけど。

放尿音と共に鳴る音がある!ということが目的なのか?

 

シーンとしたところで話すのって、緊張して声が出ない。

でもある程度ザワザワした環境で話すと気が楽だし、いくぶん声の出も良い。

 

流水音もそれと同じなのかな?

 

シーンとしたところで用を足す音を鳴らすのはつらいけど、他に雑音があれば気兼ねなくできるということなのか。

確かに、気は楽になるかもしれない。

 

たぶん、もしこの二択の疑問を提示されても人は「どっちでもいい」と思うことだろう。

でも、流水音で消すことと紛らわすことは似て非なるものだ。

治療薬とただの痛み止めのようなものだ。全然違う。

 

 このプレイリスト、めちゃくちゃ良い!上質な癒しって感じ。

(なのにトイレの話題と同時に貼ってしまって忍びない)