読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

薄い時間

今日、今年初のカラオケに行った。初カラだ。

 

わりと多くの人に共通することだと思うが、年齢と共にレパートリーが古びていくというか、

「あれ、数年前とラインナップ変わってなくね?」という現象が起きる。

 

あと二年もすれば、私はカラオケで10年間Supercellを歌い続けていることになる。

これは恐ろしい!

 

なんかもっと、新旧色んな曲を歌えるようになりたいな、と大変忸怩たる思いを抱えていた。

でも…

今流行ってる曲ってなんだろう…

 

そんな感じだった。ちょっと前までは

でも今は違う!何故なら私にはApple Musicがいるから!

 

トゥデイズヒッツやトレンド検索で人気の曲が調べられるし、最新リリースやジャンルごとの新着ミュージックが簡単にわかる。それだけなら今までもネットやらで情報を仕入れることができただろうけど(めんどくさいからしないけど)、全部の曲をフルで、今すぐに好きなだけ聴けるというのは本当に嬉しい。

なんだかアップルのステマみたいになってきたぞ。

 

それで去年、流行りの曲や前から気になってた曲なんかを集めてカラオケというプレイリストを作って悦に入っていた。

これでJUJUやchayやJYが歌えるぞ!最近のドラマの歌が!もうふた昔も前のボカロや2000年代J-Popだけの芋臭いオタクのレパートリーじゃない!

 

それから初めて、カラオケプレイリストを披露する機会を得た次第だが、私の読みは甘かった。

いくらなんでも、2、3回しか聴いたことのない曲を歌えるわけがなかったのだ。

 

前の記事でも書いたけれど、私は毎日向こう(アップル)からすすめてくるプレイリストやアルバムをひたすら聴くという使い方をしているから、基本的に一度聴いた曲は2度と聴かない。

 

だから、今日初めて試した曲はほとんど歌えなかったのである。

驚くほど薄い時間だった。

 

DNCEのCake by the oceanとか、ノリ良くて楽しそうと思ってプレイリストに加えていたけど、邦楽でこの有様だから洋楽となると…察して、やめておいた。

やっぱり、レパートリーが停滞していても、歌い慣れた曲がなんだかんだ一番楽しいんだな。学んだ。

次は歌えるようにちゃんと練習しておこう。

 9時台までMステ観てたけど、ラブソングランキングの街頭インタビューで一般人のノロケ話が延々と垂れ流されるのが控え目に言って地獄だったので、やめた。

Bruno Marsの神々しさよ…