うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

Apple Musicに殺される

私は数年間、i Pod classicを使っていました。160GB入るあのでかめのやつ。

それに四千何百曲か溜め込んで使っていたんだけど、去年壊れてデータが全消えしてしまった。

で、それをきっかけにApple Musicを使うようになった。

 

Apple Musicはすごかった。icloudミュージックに夢のように増えていくアルバムの数々。日々更新するライブラリを見てはほくそ笑む日々。

 

でも、Apple Musicで好きな曲に出会えることはほとんど無い気がする。既に好みがわかっているアーティストやらを自分から検索する場合は別として。

For Youでアップルにおすすめされる欧米のヒップホップやオルタナティブや過去のインディーズヒッツなんかを、毎日電車に乗りながら義務的に聴いている。全然好きじゃないけど、聴かなければいけない気がして。

聴いたことのある曲を何度も聴くなんてのは論外だ。世の中にはこんなに知らない音楽が溢れているのに…

 

ヒップホップとかが好きじゃないならジャンルごとフォローをやめれば勧められることはないのだろうけど、極力全部のジャンルをフォローしたい。

 

でも、For Youに出てくるプレイリストやアルバムを一日で全部聴くことは、当然だけどできない。プレイリストなんか一つに20曲前後入ってるのが普通で、まともに聴いていたら発狂すると思う。それでも、まだ聴いていないのに日付を超えたら更新されて消えてしまうのが嫌で、一つも逃したくなくて、自分のメモ用に片っ端からアルバムをツイッターでシェアしていく。膨大な量になる。シェアするだけで疲れる。

 

Apple Musicに殺される…

 

ところで、なんでApple Musicでは好きな曲に出会えることが殆どないのか?

それはたぶん、ジャンルが丸ごと好きなわけではないからだろう。

好きな曲にラブを付けると、「似たような曲をもっとおすすめします」というメッセージが表示される。でも、違うんだよ。そうじゃないんだよ。

 

似たような雰囲気の曲ならなんでも好きなわけじゃない。この曲の、このメロディーだから好きなんだ。

 

あと、毎週金曜に更新されるMy New Music Mixはものすごく的外れ。

あなたの好みに合いそうな音楽をチョイスしました、って言ってるけど、全然好きじゃない。殆ど真逆のものばっかり選ばれてる。いや、私こんなタイプの曲聴いたことないのに、何故好きそうだと思った??

先週のラインナップには腹が立ってプレイリスト全体に好きじゃないを押した。

今週はどうかな?と思ったら、やっぱりいつもと同じだった。あれ?

 

なんてボロクソ言ってしまいましたが、私はApple Musicが大好きです。履歴は復活してほしいです。

 

だけどやっぱり、全部聴かなきゃっていう強迫観念は捨てるべきなんだろう。シェアし忘れてプレイリストが消えても、去る者追わずのスタンスでいた方がいいんだろう。

この前久々に音楽を聴かずに帰りの電車に乗ったら、すごい解放感だった。びっくり

 

聴いた音楽、ここでもアーカイブしておこう。今聴いてるのは、GrimesのVisions

itun.es


おどろおどろしいジャケットとは裏腹に、かわいい女の子のボーカルでした。