うろうろ日記

つまらないので読まない方がいいと思います

僻みというか疑問というか

最近目も眩むようなネガティブな感情ばかりを書き込んで、一人か二人くらいはいらっしゃる読者の方に申し訳ないなとは思うのですがそんな感じです

 

 

 

言ってることはいいと思うんだけどお前ら既婚者で子供いるじゃんって思ってしまう、自分がいる。

 

別に主張してる本人が結婚していようといなかろうと「誰もが自分の生きたいように生きられればいい」って言ってるんだからなんら矛盾はないわけだが…

 

私自身ツイートのような価値観が当たり前になればいいしそういう風に生きたいし、過去にそういう趣旨のエントリまで書いてるのに、やっぱり私は社会的にマジョリティが幸せとする幸せになりたいと結局思う。それが、頭ではわかっていても既に先入観として「マジョリティ的な幸せ像」を刷り込まれているからなのか、本当に心の底から思っているのか、わからないことに悩んでいる。

 

刷り込まれているから、であってほしいと思う。本当に心の底から思っているなら、かなり救いが無い。

 

あとツイッター民ってこういうリベラル至上主義、PC(ポリコレ)最高!みたいなことが大好きで一日に一度は何万RTされて回ってくるけど、現実社会は全然そうじゃないよね。ツイッター(あるいははてなも?)だけ見てると、「社会はとても好ましい方向に変わりつつあるんだな」とか安易に思ってしまうけど、実際はほとんどなーんにも変わってないよね。

ある曲を聴くたびに思うこと

大森靖子のイミテーションガールを聴くたびに思うこと

 

youtu.be

 

「手首のケープを返して 隠してるんだからいいでしょ

ハゲ隠しよりマシだし 嫌いにならないで」

 

のところでいつも「うわー」と思う。

ハゲ隠しよりマシだし、という部分で、自分が若くて女の子として価値があることを当然のことと思っていて、かつそれに胡坐をかいている感じが透けている。

 

いや勿論この歌の主人公の女の子が、であって大森靖子がそうだとは思っていません。

彼女自身はそれに自覚的でメタ的に捉えているんだろうし。

 

あと、「嫌いにならないで」で声が変わるの、とてもカラオケ感があるよね。

10代の頃からカラオケ得意だったんだろうなーってリアルに想像できる。

 

それだけ。

 

大森靖子さんは好きです